やっぱり地元で育った材料がいいですね~!

本日はある建材メーカーさんのご紹介で高崎の材木店さんへ

行って参りました。

市場から原木の丸太を仕入れて製材されているので、

加工途中の製材が山のように積まれていました。

杉の香りが漂っていてとても心地いいです。

まさに産地直送という感じです。

群馬県の杉の原木

住宅市場の流通シェアは7割を輸入材が占めております。

経済性や合理性を追求して行った結果ですね。

せっかく地元で採れた良い材料を使わずに、わざわざ燃料費を

かけて外国から運んできた材料を使うのって無駄に感じてしまい

ます。

無駄に感じてしまいます。

屋久島の杉 デッキ材におススメです!

地元で育った材料ですから、気候や風土にも当然合いますよね。

地産地消の観点からもいいですし、今回のコロナウイルスの件

でも分かったように、輸入品に頼りすぎず身近なものを見直す

ことが大事ではないでしょうか?

材木に限らずよく見ると、実は気づかなかった素敵な物や

大切な事が発見できるかも知れませんね。

もちろん輸入品にも良いものはたくさんありますので、

適材適所に使いつつ、地元ので採れる材料をふんだんに使って

お客様のニーズにお応えして行ければと思います。

キッチンハウスさんの    showroom見学へ

本日はお客様にご一緒してキッチンハウスさんの

ショールーム見学へ行って参りました。

フルオーダーのキッチンがずらりと展示してあり、

定価で1000万円を超えるようなキッチンも展示してあり、

まさに圧巻です。

ほとんど目の保養な感じではありますが、さすがにデザインが

洗練されていてカッコいいの一言に尽きます。

天板も薄くてシンプルなところが高級感をより感じさせます。

より手ごろなGRAFTEKTという商品も展示してあり、お見積りを

して頂くことになりました。

GRAFTEKTのキッチン

昔と違いキッチンはインテリアの一部として

存在感も大きく、空間づくりには重要です。

一つ一つ丁寧に打合せをしながら、イメージを

膨らませていく過程も楽しんで頂きたいですね♪

組み立てて